Noriko Obana's Official Site Frey
ビジネスコンシェルジュのススメ Mail News Request Contact top
kiko's自己紹介 kiko'sプロフィール kiko's活動予定 kiko'sお気に入り Closed テーマトーク Closed リンク集
未公開原稿☆特別掲載

Text by 尾花紀子@2004年夏

ネット通販の可能性を拡げる「Webあきんど養成ジム」

進化するプロジェクトが 島根あきんど魂を奮起させた

〜 ローカル発ネット通販の可能性を広げる
     『Webあきんど養成ジム』 6年間の変遷 〜
Webあきんど養成ジムLOGO

 知識・情報・経験が豊富な「育てる側」がそのままを語り、学ぶ側に応用することを求めるのは、どう考えても逆である。書籍やe-learningなどでも学べる一般的な方法論や都会(あるいは欧米)の理論を提供するのではなく、それを地域用に完璧にリサイズし、自分たちの力で歩めるまで徹底的に育てることをしなくては──試行錯誤の後、一人のスーパーバイザーとの二人三脚が始まったのは5年目の春だった。

◆一貫した講義内容と甘やかさない徹底育成に行き着くまで

  ・インターネットショップを通して創業したい
  ・インターネット通販で販路を拡大したい

  こういった思いを受けて、財団法人しまね産業振興財団が『Webあきんど養成ジム』のプロジェクトを起案したのは1998年の春。日本におけるECがようやく本格スタートしたこの頃に、インフラ整備が進んでいるとは言えなかった島根県が本腰を入れて取り組んでいたということにまず驚かされる。
  当初の2年は、楽天市場内にある「産直」と「酒」の2店舗への共同出店を通して、座学と実践からネット通販を学んでもらおうというシンプルなコンセプトで行った。そのため、“楽天市場への安価な出店”という目的で参加する人も少なくなく、「どれくらい売れるのか」「アクセス数は」という質問が多く寄せられた。

あきんどをバックアップする若手スタッフたち(右端が雪吹氏) 受講者、財団双方にメリットはあったものの、このコンセプトにおけるさまざまな問題点が見えてきた。産直と酒以外を扱う業種への対応、参加企業の温度差によるイメージダウン、ひとつのIDで複数企業が管理するというセキュリティー面、ショップ運営における財団への甘え。
  「挙句、受注業務やクレーム対応から参加企業の質問まですべてが財団の負担となり、わたしの休みが全くなくなりました」
『Webあきんど養成ジム』を20代半ばの若さで任され、現在に至るまでジムと共に大きく成長してきたプランナーの雪吹重之さんは笑いながら語ってくれた。

 楽天市場が共同出店の店舗を禁止したことを機に、平成13年度からは 「教育」に特化した形にシフトした。中小企業が本当にネットショップのノウハウを得るためには、自分で構築(含外注)・運営をしなければ身につかない、という事実があると判断したからだ。共同出店を廃止した代わりに「しまね逸店クラブ」というポータルサイトを提供し、卒業生には出店資格が与えられた。Webあきんど養成ジム第二期のスタイルである。が‥‥
  「教育に特化した判断はよかったのですが、次に出てきた問題は“講師によってネット通販に対するアプローチが全く異なっていた”という事でした。考えてみれば当然ですよね、講師の方々はご自身の成功体験・成功事例を元に話されるわけですから。」
  楽天市場への出店に始まり、ネット通販やポータル運営のノウハウを蓄積し続けてきた雪吹さんは、全国からさまざまな講師を招聘し、しっかりとしたカリキュラムを組み立てて運営した2年間をこう振り返る。

ジム生&スタッフ全員がBOSSと慕うスーパーバイザー福原氏 一貫性ある徹底教育をしたい、と強く考え始めていた平成14年度コース終了直後、現在スーパーバイザーを勤める(株)カンドウコーポレーションの代表・福原勘二さんとの出逢いがあった。中国地区トップクラスのWEB制作会社のノウハウだけではなく、かねてより評判が高かった福原さんの人材育成パワーへの雪吹さんの熱い思いが、多忙な福原さんの心を動かした。
  過去の事例紹介に留まらない“今、現実に起こっていること”をキーポイントとした「単なる教育ではない、自立が目標の徹底したトータル育成プラン」への大改造が、急ピッチで行われた。平成15年春、スーパーバイザー・福原勘二と、プランナー・雪吹重之の二人三脚のスタートである。

◆「あきんどの掟」と「スタッフの誓い」

 平成15年度のWebあきんど養成ジムは、大きくそのスタイルを変えた。

 「全課程8割以上の出席」と「全課題の提出と宿題の履修」を前提条件に募集し、応募動機から受講者を選考するという形が取られた。
130km離れた両会場での臨場感ある広義風景  この前提条件は実店舗を持つ人たちにとってはかなりの負担であり、スタッフや家族の理解と協力がなければできない。しかし、実はネットショップを運営していく際の負担とほとんど変わらず、短い受講期間にやれないなら延々続くネット通販ビジネスは無理と判断せざるをえない。「一過性のセミナーで終わらせない」という考えが、ここに表出しているのである。

 ただし、島根県には東西約240kmに伸びる地理的ハンディキャップがあり、受講者の移動時間の負担は、他県の常識をはるかに超える。そのため、前年に完成した基幹通信網の伝送速度10Gbpsの全県高速IP網を活用した双方向テレビ会議システムで、メイン会場である松江市と130km離れた浜田市のサテライト会場とを繋げた。

 また、「あきんどの掟」と「スタッフの誓い」が宣言されたのも特徴だ。

  「あきんどの掟」とは、講習期間内に必ずネットショップを開設し、ネットショップオーナーとしてデビューをしなければならないという受講者の義務。

  「スタッフの誓い」とは、 (1) 受講者の最低1割を月商100万円突破させる、(2) 最先端の情報ながらも地域にリサイズされた「完全オーダーメード・テキスト」を使用する、という雪吹さんをはじめとするスタッフとスーパーバイザー福原さんによる二つの誓いである。

ジム生はみんな真剣そのものだが、時には大爆笑に包まれることもある会場  月商100万円突破を目指し、全10回の内容と講師陣を構成しなおした。オーダーメード・テキストによる講義は全講師に徹底され、他の講師が担当する際は、講義の一貫性を保つための綿密な打ち合わせの上、福原さんコーディネートのもとで実施された。前期と後期の間に2ヶ月の「サイトの立ち上げ期間」を設け、この間に個別コンサルティングも行った。
  受講者同士のコミュニケーションによる学びを促すためにメーリングリストを設け、スタッフのアドバイスやフォローもなされた。講師側の参加は福原さんのみ。これも受講者を迷わせない「一貫性」を配慮してのことだ。

 「はっきり言って、出席よりも課題や宿題が大変でした」と、昨年の受講者は口をそろえて言う。結果、参加42社中33社が卒業。仕事の関係で涙を飲んだ受講者もいたが、仕事優先を言い渡されたと相談されれば、福原さんが上司に必要性を説いたりもした。「地域では、WEB担当者だけではなく、WEBに対してまだまだ認識の薄い周囲のスタッフや上層部の意識改革も必要」と福原さんは常に言い続けている。

 さらに「WEB制作を外注したい」というニーズとのベスト・マッチングができるよう、『WEBプロデューサー養成講座』も急遽企画した。リアルとの連動、マーケティング、技術的な仕掛け、プロモーションなど、WEBを作るだけではなく総括的にプロデュースできる人材は、地域にはまだまだ少ない。ましてや、Webあきんど養成ジムの受講者からの受注をこなすのは大変だ。何しろ、SEO対策のノウハウまで教え込まれているクライアントを持つことになるのだから、ショップ側からコーディングを指示されるはめにもなる。
  だが、地元企業のニーズは地元企業が応えてこそ地域の活性に繋がると考え、カンドウコーポレーションのノウハウを余すところなく伝授するために組み立てられた全5回の講座。他県からの参加希望も多く寄せられたのは当然のことと言えよう。

前年度卒業生の砂田さんは、実績を積んで2004年の講師として活躍 これで、「ネットショップ運営者」「WEB制作&プロデューサー」「ショッピングポータルサイト=しまね逸店クラブ」の3要素すべて島根県内で調達できるようになったが、効果はそれだけではなかった。
  地元のWEB活用に一役買いたいと昨年度両講座に出席した(有)アイネットの砂田晶子さんは、今年の入門者向けの講師として活躍してくれた。
打ち合わせや講義だけではなく、個別コンサルティングや懇親会などの全行動を福原さんと共にした雪吹さんは、ネット通販、ポータル運営、WEBプロデュース、いずれのコンサルティングもできるまでに成長した。すなわち、「トレーナー」と「コンサルタント」も含めた5要素が見事に揃ったことになる。あとは、その広がりを期待するのみである。

◆エッヂを立てる

2年連続受講でジム生たちのよき相談相手である永瀬さん 「今までにはない商品の動きと売れ方に正直驚いています。ネット販売の荷物の数は毎日平均して1個程度だったのが、検索エンジンにひっかかるようになってから毎日4個です。子供がここ数日の荷物を見て何と言ったと思いますか?“やっぱ、福原さんはすごい”ですよ。(笑)松江に行くには子供や夫の協力なしでは出来ません。子供は私が何の為に松江に行っているのか、よくわかってくれています。夏からずっと通っていて、今初めて子供も“あ、変わったのかな?”と、荷物を見て感じてくれているようです。」

 これは、受講者の中でもコミュニケーションの中心的役割を果たしている、乾物を扱う松ヶ枝屋の永瀬裕美さんの昨年末の言葉。まだまだ受講中だったこの状況の数ヵ月後、島根特産のキー商品が「日経レストラン」に取り上げられ、さらに販路は拡大したそうだ。

 「エッヂを立てる」は、福原さんの講義を一度でも聞いたことのある人は確実に耳にしている言葉だが、ジムにおいても、そのお店のブランドロイヤリティの大切さを全講義を通して耳にタコができるほど擦り込まれる。なぜなら、ネットへの展開は「売る」ためだけではなく、永瀬さんのお店のように「見つけてもらえる」可能性も広げてくれるからだ。

 個別コンサルティングでは、受講者自身が気づいていないような「エッヂ」を会話の中から探し出し、それを「WEBデザイン」にも「コピーライティング」にも「SEO対策」にも活かしていく方法をアドバイスする。漠然とした感覚でアレもコレもと欲張っていると「それではどれも売れない、ショップ開店など無理」と厳しい指摘が飛ぶ。宴会で無邪気にはしゃぐ子供のような福原さんとは全く対照的な、スパルタコンサルティング。同席している雪吹さんも、思わず襟を正すことが何度もあったとか。

講義中は毎回後方に鎮座する野上さんの手づくりお菓子と健康茶 また、自社製品の強みを見つけるためには他人の意見を聞くことが大切と、受講者たちは頻繁に教室に商品を持ち込む。
  健康食品を扱うHappy Life
の野上美和さんは、仲間の健康管理と試飲を兼ねて毎回その日に煮出した健康茶を持ってくる。みんなが楽しみにしているお茶請けのお菓子も、無添加の手作りだ。仲間に感想を聞くのが目的だったが、口コミで広めてくれる受講者も出てきた。こうした休憩時間を使った簡易品評会の延長で、コラボレーション企画が生まれたりもした。

 いろいろなエッヂをコミュニケーションの中から掴み取っていくことにより、受講者のサイトは確実に「エッヂの効いた」ものへと姿を変えていく。一方的にアドバイスするのではなく、質問を投げかけ、一緒に考え、意見を言い合い‥‥サイトの変化と共に、受講者自身のものの見かたや考え方も育っていく様子が頼もしく感じる。

 こうして、昨年度のWebあきんど養成ジムは、受講後のECサイト構築企業における平均月商360%UPという成果をあげた。

◆『Webあきんど養成ジム』から『WEB活性化プロジェクト』へ

 結局、半年で40日間も島根入りしていたという福原さんは、「きっと、東京や大阪、あるいは地元広島なら、ここまでの内容をレクチャーしなかったでしょう。WEBプロデューサー養成講座など内部資料まで見せて解説をしましたし、ここまでしたら、自社のライバルを作るようなものですよ。(笑)でも、うちの会社は日々進化していますから、その時点での目一杯のノウハウでもすぐに過去のノウハウになります。だったら、地域のこれからを担おうとしている人たちには余すところなく伝えてあげたいじゃないですか。そこから先は、自分たちで学べるくらいにしてあげなければ、いつまでたっても地域は自立できませんから」と話す。

Web活性化プロジェクト年間スケジュールチャート そして今年。昨年の過渡期的なチャレンジでの結果を踏まえ、より大きな枠組みで地域情報化と地域ビジネスの向上に取り組むべく、『WEB活性化プロジェクト』へと装いを新たにした。

 『Webあきんど養成ジム』は、受講者の状況やレベルに応じて「開発支援コース」と「もっと拡販コース」の2つに分けられた。大田をプラスした3会場で昨年の全コースが学べる「ビデオ受講システム」を設置するのと同時に、離島である隠岐向けに1日講座を設けた。『WEBプロデューサー養成講座』にも福原さんによる個別コンサルティングを可能にし、「商品撮影講座」と常に新しいノウハウを要求される「SEM / SEO実践講座」とを、全コース終了後に別立てで用意した。

 『しまね逸店クラブ』もリニューアルし、安心なお店の目安として「ITTEN reccomend マーク」を発行することになった。

情報支援課課長の今岡さんは笑顔で見守る縁の下の力持ち 情報支援課課長の今岡泰治さんは、その仕事への姿勢と蓄積されたノウハウ、人柄を全面的に信頼し、『WEB活性化プロジェクト』の専任プランナーとして、雪吹さんに全権をゆだねることにした。IT活用における若い力の可能性を信じ、縁の下の力持ちに徹しているボスあってこそのチーム今岡パワーが、また今年も炸裂してくれる。
  平成16年度の『WEB活性化プロジェクト』の成果が出る今年度末が楽しみだ。

◆ローカル発ネット通販の可能性は地域企業の育成にあり

 東京に学んだ受け売りの情報で行われる東京直輸入の研修や、東京からすばらしい講師を招聘してパワーと感動をお土産にする講演など、東京の理論やスタイルをそのまま持ち込んで「似非東京」を演出した学びを提供したがる傾向がまだまだある。そこには、「東京に行かずにこんなに素晴らしい話を聴けて」と満足する地域の人たちが大勢いるため、残念ながら需要と供給のバランスが取れてしまうのである。
  だが、そういった一過性のものは、地域企業を自立まで導かない。コーディネーター役が地域を考え試行錯誤を繰り返すことと、地域にリサイズされた内容をもって育成する仕組みが必要なのだということを、『Webあきんど養成ジム』の歩んできた道が教えてくれたような気がする。

 テレビ会議システムの応用等により、他県への展開も考えていきたいと雪吹さんは語っている。島根のあきんど魂の波が、地域の商店を元気にしてくれることを願ってやまない。

<Message:ページ左上からのつづき>

『Webあきんど養成ジム』では、平成15年度7回目、平成16年度「もっと拡販コース」3回目と、講師を務めさせていただきましたが、こんなに意識が高くて熱いセミナーは他にあまり類を見ないぞ!と思えるほどの空気に、思わず私も熱くなってしまいました。

NHK「きょうの料理」のテキストに取材記事が掲載された河野乾魚店、カタログハウス「通販生活」から話をいただき、商品販売が実現したけんちゃん漬etc..、Webあきんど養成ジムの成果は、売り上げはもちろんのこと、時を経るごとにこんな形でも出続けています。

「ネットショップはサイトが出来上がったらゴール」 ではなく、
「どこかに任せっきり、誰か頼りっきり」 の運営でもなく、
出来たサイトを活かすための自社努力のコツをしっかり体得し、
おもてなしの心を大切に、仲間同士で助け合いながら、
その時その時のできる範囲で、精一杯頑がんばり“続ける”こと!

受講生のみなさんを見ていると、地域産業活性化の答えの1つがここにあるような気がする私です。

平成18年度はスタイルを変え、自社サイトの有効活用で悩んでいる企業のみなさんを対象に 『島根ウェブ再活性化塾』 (リンク先は19年度) としてWeb活用による経営支援をしているとのこと。
2004年にこれを書いて以降の取り組みの様子も、そのうちご紹介させていただくかもしれません。その時はまた、お付き合いいただければ幸いです。

なお、『Webあきんど養成ジム』 を卒業し、自身で継続する力を得た彼ら&彼女らは、自店の拡販を目指す 「情報交換」 「他店との交流」 「勉強会」 の場を自分たちで作り、切磋琢磨しながら歩みはじめています。
ご興味のある方は、活気&やる気いっぱいの 『e-あきんど倶楽部』 をぜひ一度覗いてみてください!(^_-)-☆

長文、お読みいただきましてありがとうございました。
ご意見、ご感想、ご質問などがありましたら、遠慮なくご連絡くださいね♪

メールはこちらから


BACK


ビジネスコンシェルジュのススメ鮮:send彩:sight縁:enter韻:ing心:thing
|結:you |空:sol. |頓而茶時:yagate-chadoki|紫:yukari|Mail News Request|Contact
尾花紀子 オフィシャルサイト
Copyright 2005 Noriko Obana All Rights Reserved.